キル・ビル Vol.1、Vol.2

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

同じバイオレンス物である「パルプ・フィクション」以上にハチャメチャな映画である。

クエンティン・タランティーノ監督は最初に全体像を決めてから撮ってるんじゃなくて、撮りながらどうするか決めてるんじゃないか?と思わせる位自由奔放何でもありだ。

中国(香港)や日本の要素が沢山詰め込まれている。
中国系のルーシー・リューや日本の栗山千明が登場する。
なんと千葉真一が服部半蔵という役名で出ている。

国籍も雰囲気も統一感がなく本当に不思議な感覚にさせられる。
とにかく殺しまくる痛快復讐劇。

何故か途中でアニメになる。
もうやりたい放題。

楽しみながら撮ってるのがよく解る。
とにかくめちゃくちゃなのでそこを楽しめるかどうかで今作に対する評価は分かれるだろう。

はまれる人にはこんなに楽しい映画はない。
なお元々1本にする予定の映画が長すぎて2部になったので両方続けて観て下さい。