パルプ・フィクション

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

クエンティン・タランティーノって本当に自由奔放に映画撮るよね。
絶対計算とかしてなくて行き当たりばったりに考えてるだろ?って思うんだけど。
最後だけ無理やり辻褄を合わしてるというか。

このめちゃくちゃ感がある意味この人にしかできない。
普通はもっとまとめようとする訳ですよ。
綺麗な流れというか。

これもハチャメチャで糞面白い。