琅邪榜(ろうやぼう)<弐> ~風雲来る長林軍~

一応皇太后と荀白水の兄妹は蕭元啓に対して半信半疑みたいです。

この敵の敵は味方という関係はいつまで続くのでしょうか?

(追記17)
第31話まで見ました。
前作「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」の場面が挿入されてビックリしました。

飛流役の男の子は「神雕侠侶 ~天翔ける愛~」で少年時代の楊過を演じてましたね。

今更ですけど琅琊榜1の靖王が次の皇帝に即位してその子供が長林王・簫庭生ということですね。

さて国境で敵国と対峙している平旌。
気の荒そうな康王・覃凌碩役の人は「鹿鼎記」の冒頭で韋小宝に助けられた男、茅十八役でした。


この顔は一回見たら二度と忘れない顔ですね。
他にもいっぱい出てそうなんで頑張って調べてみました。

晉松という俳優さんで「水滸伝」で魯智深!思い出した!!確かに!。
「昭王~大秦帝国の夜明け(大秦帝国第三部崛起)」で淖歯・・これの記憶がない・・最近観たところなのに。

(追記16)
第30話まで見ました。
このドラマはロケーションとセットが本当に素晴らしいですね。
何故かこの番組を見てると京都に行きたくなります。

さて新帝が即位して皇太后の長林王への敵意は隠しきれなくなってきました。
元は単なる病的な被害妄想なんですけどね。

蕭元啓は琅邪達人榜首位の墨淄侯と将来について語り合っています。
この二人がラスボスなんですかね。
平旌にとっては新帝は懐いてくれているもののその母親が敵意むき出しなので前途多難です。

地味ですけど琅邪榜1よりは面白い脚本だと思います。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

コピーはできません。