呉越春秋 湖底の城(宮城谷 昌光)

宮城谷昌光は私の大好きな中国の偉人を主人公にした小説を数多く書いている作家です。

晏子こと晏嬰は中国史上の偉人の中でも私が最も敬愛する人物です。
いつか改めて記事を書きたいと思っています。

孟嘗君も好きな中国の歴史上の人物TOP5に入る人物です。
当ブログのタイトルも以前は「鶏鳴狗盗」「狡兎三窟」と孟嘗君に因んだ故事成語にしていた位である。

重耳も興味深い人物です。
公子でありながら戦乱を逃れて諸国を彷徨う事19年。
やっと帰国した後に文公となり春秋五覇では桓公に次ぐ地位を占めている。

・・と前置きはこれ位にして。
「湖底の城」はサブタイトルの「呉越春秋」からも分かるように春秋時代の呉越を舞台にした物語である。
単行本は第八巻まで出ているようです。
今回紹介する文庫本は現時点で第六巻まで発売中。

「呉越同舟」という言葉からも分かるように隣国の呉と越は敵国同士であった。
第六巻まで読んだ感想で言うとここまでの主役は伍子胥だ。

呉の隣の大国楚の平王に父と兄を殺され自分だけ逃れてきた。
以後伍子胥は呉を大国に育てあげて楚を滅ぼし平王に復讐する事のみを生きる目的とした。

固定ページ: 1 2 3 4

コピーはできません。