人生を変えた3冊

自分の人生を変えた3冊というのはもう長らく変わっていない。
衝撃的な本というのはそうそう現れるものではない。

戦略的思考をどう実践するか

自分がゲーム理論に興味を持ったのは
「これこそがこの世界を司る唯一の根本的な原則だ」
と確信したから。

最初に読んだのはこれ。

同じようなタイトルで日本人が書いてる本が多数あるがこの手のビジネス・教養・科学本で日本人著者の本は中身が薄くほとんどが海外著作の劣化コピーなので読むに値しない。

ゲーム理論とは誤解を恐れずに一言で表現すれば「損得勘定」である。
だから普通の人が無意識に日常で度々下す決断を理論化したものとも言える。

余りにも重要だと感じたから自分で解説ビデオまで作った。

このようなシチュエーションは人生において何度か遭遇するだろう。
我々は常に先読みして損得勘定をして行動を選択している。

ちなみに最初に挙げた本は今では改訂版が存在する。

これ以外にゲーム理論の本でお勧めなのはこれである。

ゲーム理論の本は日本人も沢山出してるが中身が薄いので買わないように。

利己的な遺伝子

http://plus.lastscene.com/archives/4030

私はブログに「卑怯」というキーワードでよく記事を書いてきた。
孫子やマキャベリが好きな自分にとってこの「卑怯」という言葉こそ成功に欠かせない要素だ。

「兵は詭道なり」

この孫武の言葉こそ、生存競争に勝ち残る為には決して忘れてはいけない金言だ。

この余りにも有名な本を読んだ時、ありとあらゆる生物が卑怯者であると実感した。
そして全ての生命体がゲーム理論の実践者であるようにも思えた。
著者もそう考えたのかこの増補新装版では遺伝子もゲーム理論のプレイヤーである事の実証を試みた章が加えられている。

「世界を司る共通原理」

ゲーム理論では協力、裏切り、仕返しという行動選択が登場する。
生物の生き残り戦略でもこれらが組み込まれる。

この世界は協力もあれば裏切りもある。
協力するのはその者が善なるものだからではない。
裏切るのはその者が悪なるものだからではない。

コピーはできません。