セレクション




利己的な遺伝子 <増補新装版>

YouTubeチャンネル&LINE@登録

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

私の場合人生を変えた本というのはノンフィクションの3冊である。
幼稚園に入園する前から図鑑や子供向けの科学漫画が好きだった。
中学~高校の頃は小説ばかり読んでいたがやはり価値観を揺るがしたのはフィクションではなく科学の本だ。

自分自身、ずっと独善的で冷たい性格だと自覚していたがそれを正当化してしまう補強材料を得てしまった感じ。

あの小さな昆虫ですら遺伝子を受け継ぐことのみに最適化されていること、よく目にするシングルマザーの彼氏による子供の虐待などが合理的な行動であることなど結構ショッキングな内容でこれまでの道徳観が大きく揺らいだ事を覚えている。

この本を読んだタイミングが丁度ゲーム理論にも興味を持ち始めた時期で、遺伝子の生き残り戦略にもゲーム理論が適用できるという事に大きな感動を覚えた。

この本を読んだ後、自分の冷徹な性格を改める必要はないと確信した。

その一方で遺伝子の生き残りだけを優先するのであれば学問や仕事だけに打ち込むより10代で出来婚するような連中の方が正しいのではないか?とさえ思えてくる。

あらゆる生物の中で唯一遺伝子の戦略に逆らえる存在が人間であると。
勿論それに成功するのは少数派ではあるが。

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads