セレクション




くじ-読書感想

YouTubeチャンネル&LINE@登録

牧歌的な村で村民が一堂に会して毎年行われる「くじ」
穏やかな平和な感じで話は進行するのだが終盤から何やら恐ろしい予感がしてくる。

私はすぐに「陶片追放」を連想したがどうやらこの話はもっと残酷な結末を暗示している。
読者の想像に委ねているところが恐怖感を増幅させてるように思う。

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads