Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

【三国志に学ぶ】人生の教訓は三国志を見れば大体わかる

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

今日たまたまケーブルTVのチャンネルを変えていたら三国志の総集編みたいなのを放送していた。
折しも日経新聞のWEB版のCMで横山版三国志が採用されていたが三国志には人間が知っておくべき知恵というものが詰まっているように感じる。

番組の途中から観たのですが丁度赤壁で大敗した曹操が逃げる途中、華容道で待ち伏せていた関羽と対峙するシーンでした。

一応三国志を知らない人の為に補足しておきますと、関羽というのは曹操と敵対する劉備の義兄弟。
でもここに至るまでに伏線があって関羽が劉備と離れ離れになった時に彼の豪傑ぶりを気に入った曹操が自分の陣営に引き抜こうと厚い持て成しをするんですね。

でも結局関羽は曹操の元を離れ劉備の元に帰っていく。

映画「レッドクリフ」でも取り上げられた「赤壁の戦い」では劉備と孫権の連合軍と曹操が戦った。
連合軍が勝ったものの逃げる曹操を孫権配下の大都督である周瑜は自分達で殺そうとはせず劉備側の人間に殺させようとした。

つまり自分達が直接手を下してしまうと曹操の残党の恨みや復讐心を一手に背負う事になる。
そうなるよりは劉備を曹操の敵にしてしまった方が漁夫の利を得られるという悪賢い計算。

しかし、そんな周瑜の策略なんて最初から見抜いてるのが劉備の軍師である諸葛亮。
曹操が逃げてくる地点に敢えて恩義のある関羽を配置したのも孔明の深慮遠謀。

この辺の同盟関係にありながら相手を陥れようとする周瑜と諸葛亮の頭脳戦も非常に面白い。
結局、関羽は曹操を捕らえて殺すに忍びずみすみす逃がしてしまう。

慰労の為劉備の軍営を訪れていた孫権の配下の魯粛が詰問する。

ここで孔明は魯粛に合わせて同じように関羽を叱責する。

こうなる事はわかっていてわざと関羽に守らせた癖に諸葛亮も白々しいです。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads