韓非子

膨大な量なのでまだ全部読み切れてないが非常に面白い。
これまで読みもせずに知ってる振りをしてきて後悔している。

自分が韓非子の名前を初めて認識したのは小学5年生の時だ。
夏休みの自由研究でことわざを大量に集めて大きな紙に書き記した。
中に「矛盾」を入れたのだがこの出典で韓非子という名前を初めて見たのだ。

韓非と言えば法家の人で性悪説を荀子から引き継いでる人という印象のみであったが読んでみると
「いかに臣下や民を御するか」という現代にも通用する組織論として有効であると感じた。

コピーはできません。