Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

【お勧め!】過去記事傑作選ピックアップvol.2(君主論・孫子の兵法)

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

アメリカの国務長官だったキッシンジャーは部下に
「報告書をまとめて自分のオフィスの机に置いておくように」
と指示した。

部下が書類作成をし終えて机の上に置いて立ち去るとしばらくして自分の机の上に書類は戻されてメモが付いていた。

「これで精一杯なのか?」

部下は書類を見直し推敲して、もう一度持って行った。
するとまた同じようにメモが付いて戻されていた。

うんざりしながらも再度文章を磨き上げてまた持って行った。
するとまた同じメモが付いて戻っていた。

さすがに怒ってキッシンジャーの元へ行って大声で訴えた。
「もうこれで本当に精一杯なんですよ!」

するとキッシンジャーは言った。
「じゃあ今から本当に読むとしよう」

***

アメリカの5大財閥の1つ・モルガン財閥の創始者J.P.モルガンは知り合いの宝石商に真珠のネクタイピンを注文した。

宝石商は最高の真珠にピンを付けて5000ドルの請求書と一緒に送った。

数日後、宝石商の元にピンの箱と4000ドルの小切手が送り返されてきた。
付いていたメモにはこう書かれていた。

「素晴らしい真珠だが、5000ドルは高過ぎる。4000ドルの小切手を受け取る気があれば、ピンの箱は開けずにそのまま送り返して頂きたい」

宝石商は怒って小切手を断り、ネクタイピンを取り出そうと箱を開けた。

するとピンは入っておらず、5000ドルの小切手が入っていた。

偉大な人物は下らない事に時間を浪費しないという事がよくわかる2つのエピソードです。

ジョン・ロックフェラーはスタンダードオイルを拡大する際、中小の製油所を買収していった。

抵抗する製油所に対処する為に隠密裏に鉄道網を買収し、彼らが買収に応じなければ輸送費を大幅に値上げすると脅した。

***

ジェイ・グールドはウエスタンユニオン電信会社に対抗する自らの電信会社を設立した。
ウエスタンユニオンは邪魔者を買収することで追い払った。
するとグールドはまた別の電信会社を設立した。
これも同じように買収された。
このような事が何度か繰り返された後、とうとうグールドは会社の売却で得た莫大な資金を元にウエスタンユニオンを自分のものにした。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads