【三国志に学ぶ】賢さをひけらかさない

【三国志に学ぶ】賢さをひけらかさない

    三国志では賢さをひけらかしたせいで早死にする羽目になった人間が何人か出てきます。

    楊修は主君である曹操の心中を何度も読み解いて周りの人間を驚かせましたが、その才が仇になって処刑された。

    有名なのは曹操が言った「鶏肋」という一言から「捨てるには惜しいが腹が膨れるほど肉はない」つまり今攻めてる漢中を諦めて撤退することだと真意を見抜いた。

    固定ページ: 1 2 3

    テキストのコピーはできません。
    通知を有効にしますか? はい 結構です