Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

【三国志に学ぶ】賢さをひけらかさない

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

三国志では賢さをひけらかしたせいで早死にする羽目になった人間が何人か出てきます。

楊修は主君である曹操の心中を何度も読み解いて周りの人間を驚かせましたが、その才が仇になって処刑された。

有名なのは曹操が言った「鶏肋」という一言から「捨てるには惜しいが腹が膨れるほど肉はない」つまり今攻めてる漢中を諦めて撤退することだと真意を見抜いた。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads