Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

【三国志に学ぶ】妬み嫉みが身を亡ぼす-嫉妬は百害あって一利なし

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

いつの時代にも他人を羨んでそれがやがて妬み嫉みになる人がいます。
そして相手の不幸だけを願う日々になり自分の人生を顧みれなくなります。
こういう性質は非常に危険です。いずれは身を滅ぼす事になるでしょう。

三国志の中では呉の大都督である周瑜が同盟を組む劉備の軍師、諸葛亮に対してその才を妬むようになります。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads