セレクション




【映画監督】クエンティン・タランティーノ

YouTubeチャンネル&LINE@登録

タランティーノの作品で見た事があるのは・・

「パルプ・フィクション」

これはめちゃくちゃ面白かったですね。
初めて見た時には「こんな自由な構成にしていいんだ~」って思いましたが、この後のキル・ビルはもっとフリーダムですもんねえ~

「キル・ビルVol.1 & Vol.2」

ある意味「こんなにやりたい放題にやってもいいんだ・・」という衝撃を受けました。
アニメまで出てくるし。
こんなにフリーダムで誰にも怒られずに作れるなんて羨ましい。
最初にちゃんと全体の構成を考えて作るんじゃなくてその場のノリで付け足していってるんじゃないか?とさえ疑ってしまう制約を受けない構成。

「デス・プルーフ in グラインドハウス」

上記の作品と比べればこっちの方がよっぽどまともな構成に思えてしまう。
お姉ちゃんたちがやりたい放題で痛快で見てて楽しい。

タランティーノの作品を見ていると映画というのは本来自由なもので何をやってもいいんだということを思い出せてもらえます。どうしても普通は様式美みたいなものを考えてしまいますもんね。この人の場合はそういうものに囚われない制作態度が素晴らしいと思います。

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads