サブスクリプション・マーケティング――モノが売れない時代の顧客との関わり方

03-5-実用書・ビジネス本 03-7-経済学・マーケティング
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

サブスクリプションは定期購読などと訳される事が多いが、通販で健康食品・サプリメントなどを毎月届けてもらうなど身近な存在です。

一番の成功事例はソフトウェア大手のアドビがソフトの箱売りを止めて月額制にして売上を拡大した事だろう。
以前からソフトウェアの違法コピーに手を焼いていた同社は海賊版対策と定期的な売上という2つのメリットを享受する事ができた。

通常のビジネスにおいての目標は「1回限りの売上」じゃなく「何度も繰り返し買ってもらう」という事だ。
新規顧客を開拓するより既存客に再販する方がコストは低くて済む。

うちのTumblrにポストしたこの本からの引用があるので紹介しておく。

http://lastscenecom.tumblr.com/post/172420545773/あるサービスの解約ページにたどり着く方法自体がわからずグーグルで検索したことがあった当初はその時

モノが売れない時代に顧客とのリレーションシップをいかに築いていくかを学ぶのに最適な本。