中国歴史ドラマは時代順に見るのがお勧めPART1

これはもう大傑作と言って良いです。
特に今苦境に喘いでいる人に見て欲しい。

呉と越の関係からは「呉越同舟」「臥薪嘗胆」という言葉も生まれています。
一度は呉に勝った越もそのまま慢心して次は大敗北。
越王勾践は呉王夫差の奴隷となることに。

そこからの苦難がもう辛い事の連続。
あまりにも気の毒で見てるのもつらい程。

しかしそこからの長い試練を乗り越えての復讐劇は本当に凄いです。

・・と江東の片隅で二つの国が争ってる間に中原では七つの国がしのぎを削るようになってきます。
晋が分裂して趙、魏、韓に北東の燕、東の斉、南の楚、そして西の秦。
この中からやがて来る統一の日々まで追った大スケールのドラマが「大秦帝国」です。

http://plus.lastscene.com/archives/3102

最終的には秦の始皇帝が統一するのですがそれまでの道のりは長く険しく何代も掛けて礎を築いたのです。

この第一部では商鞅が出てくるのですがこの人は野蛮な秦に法体系を導入し、「疑行は名なく、疑事は功なし」で有名な人です。秦の為に尽くしたのに悲惨な最期で本当に気の毒です。

このドラマは第一部と第二部がそれぞれ51話、本国中国では2017年に第三部40話が放送でこの後第六部まで続く予定というスケールも万里の長城並です。

・・で何代にも渡って先祖が苦労してやっと中国全土を統一した秦がたった二代で崩壊してその後、劉邦が漢を建てるまでを描いたのが「項羽と劉邦 King’s War」です。

http://plus.lastscene.com/archives/3119

固定ページ: 1 2 3 4 5 6

コピーはできません。