Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

破壊する創造者――ウイルスがヒトを進化させた-読書感想

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

(追記:2017/05/10)
やっと読了。
少しずつだったので18日も掛かった。

内容が難解とは全然思わないが文体回りくどいの読むのに疲れる。

ヒトゲノムの内、機能遺伝子の役割が解明されたとしても残りのウィルス由来の部分の役割やエピジェネティクスの機構の詳細が分からなければ遺伝や進化が分かったとは言えない。

だがこれらが解明されれば難病の根治、老化を止めるといった事が可能になるかもしれない。
それは一体いつの日になるのか?待ち遠しくて仕方がない。

(追記:2017/05/07)
12章まで読みました。
どうやら人間が掛かる難病の多くは遺伝子の異常が原因で今後遺伝子を個別にオン・オフできるような技術が確立されたら大部分の病気は治るのではないか?そんな期待を抱かせる内容。残りを読むのが楽しみ。

(追記:2017/05/06)
一文節毎咀嚼しながら読んでるので非常に時間が掛かる。

今やっと全15章中11章まで読み終えた。
10年に一度出会えるかどうかの衝撃的な内容である。

30億のゲノムの内、我々の身体を構成するたんぱく質をコードする機能遺伝子と呼ばれる部分はたったの1.5%。
残りの多くを内在性ウィルスが占める。

我々はウィルスと聞けば動植物に病気をもたらす悪の権化としか思わない。
だがこのウィルスは我々と共生し、なおかつ進化にも深く関わっている・・
これまでの常識を180度変える内容である。
しかし、数多くの実験から得られた証拠を元に組み立てられた説は説得力がある。

自己免疫疾患や癌にウィルスはどのように関与してるのか?
残念ながら現時点では全貌が解明された訳ではない。
ただ今まで思いもよらなかった仮説が立てられる根拠となるデータは集まりつつある。

そして話は異種交配へ。
通常異種交配で出来た子供は種なしスイカやラバのように子孫を残せないはず。
そこには倍数性の問題があるのだがこれが通常の二倍体になって新しい種として分岐するという例がいくつも見つかっている。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads