Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

【三国志に学ぶ】人の恨みを買わない-余計な敵を作らない

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

この世界では戦いがなくなることはありません。
それでもやはり人の恨みは買わないに越したことはない。
戦乱の世が舞台の三国志ですらなるべく恨みを買わないようにしている描写が多く見られます。

赤壁の戦いの後、逃走する曹操を孫権も劉備も自軍が殺すのを躊躇いました。
相手の主君を殺せば、仇となり復讐の標的にされるからです。
殺し合いの最中であっても恨まれる事を恐れたのです。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads