【三国志に学ぶ】目下の者にも丁重に接する

今回は以前の「優れた人材を登用する」という記事にも通じるお話しです。

人は目上の人には礼儀正しく丁寧な応対をしますが、目下、年下、部下などには横柄な態度を取りがちです。

この三国志を見れば
「目下への態度の違いによってその人物の末路が大きく異なる」
事がよくわかります。

曹操が敵将の関羽を厚遇したり、呂布配下の張遼を重用、袁紹の謀臣の許攸が寝返ってやってきた時にも喜んで出迎えた。彼は若くて有能な軍師であった郭嘉が早世した時には大いに悲しんだ。

固定ページ: 1 2 3

コピーはできません。