Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

【三国志に学ぶ】名声を確立する重要性

LINE@登録
この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

「知名度」が自分の助けになる事が三国志を見ればよくわかります。

諸葛亮は天才軍師として知らぬ者はいないという存在でした。
ですので魏軍に包囲されて絶体絶命の危機に陥った孔明はあえて城の門を開け放ち泰然と琴を弾いて司馬懿を待ち受けた。

実際には少ない兵しかいなかったにも関わらず、司馬懿は諸葛亮の落ち着いた振る舞いから「伏兵がいるに違いない」と思い込んで撤退した。

この空城の計は史実では趙雲が用いたものですが三国演義では諸葛亮の名声の力を象徴する話として取り上げられています。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads