アナと雪の女王

アナと雪の女王

    ディズニーのアニメには興味は全くなかったのだがPixar買収後の3DCG作品でありジョン・ラセターが製作総指揮を担ってるという事でピクサー映画を観る感覚で挑戦。

    劇中の歌も含めて神田沙也加と松たか子が吹き替えでいい仕事をしている。

    子供向けの分かりやすい筋立てではあるが大人もそれなりに楽しめる。

    それにしてもPixarのトイストーリーの頃から比べるとCGのクオリティもかなり上がりました。
    人間をCGで描く場合、リアル過ぎると不気味の谷という問題もあるので敢えてアニメ調にしてリアリティは控えめ。顔の作りはPixarの「Mr.インクレディブル」に似ている。

    エルサが善良なキャラクターであったのは意外であったが子供向けとしてはこれで正解だろう。

    固定ページ: 1 2

    テキストのコピーはできません。
    通知を有効にしますか? はい 結構です