セレクション




きみに読む物語

YouTubeチャンネル&LINE@登録

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

結構感動して自分にもまだ純粋な心が残っていたんだと再確認できた作品。
観てる途中で当然「ある疑い」を抱く訳です。
脚本家もそれを見越してわざとその疑いをそらす仕掛けを入れておく。
ま、ちょっと卑怯かな?

この作品も謎が解けた時点で終わらせればいいのに後日談みたいなのを長々と語ってせっかくの感動が映画が終わる頃には醒めてしまう。
自分が監督なら後半はバッサリカット。
その方が感動が高ぶった状態で終われる。

最近の作品って観客をアホだと思ってるのか説明し過ぎなんだよね。

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads