Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ads

中国ドラマを見るのを止めるのをやめます

LINE@登録

(追記2)
やめるつもりがついつい見てしまう・・見てしまうと途中でやめたくても続きが気になりやめられない。
ん~

(追記)
一通り視聴中のものが一段落すればやめるつもりなんですが、しばらくは終わりそうもありません。
一応「名家の妻たち」は最後まで見るつもりで、「孔子」「花千骨」は現在当落線上。
以前途中で視聴止まってた「雲中歌」は再開、「七侠五義」は結局最後まで付き合う事になりそう。

「画皮2」をちょっと見てしまいましたが、こちらはルビー・リンが絡んでるので多分途中で切ると思います。

***

これまで中国時代劇(中国古装劇)を色々見てきました。

・史実に基づくもの
・歴史上の人物が登場するが話自体はフィクション
・時代設定は昔であるが登場人物も話も完全オリジナル

もっと細かく言うと「ラブ史劇」とか「武侠ドラマ」といった分類もできるのですが・・
大体一通り色んなパターンを見たと思います。

「まあまあ面白かった」レベルを合格ラインとすれば当たりハズレは大体半々かなと思います。
もうどうしようもない作品は早々に切ったのですが、最後まで見て最悪という作品もありましたね。

ここ最近見た中では結構当たりもありましたが(当たりについては【こちら】を参照)、ハズレもあって時間の無駄が非常に痛い。

「萍踪侠影」みたいに引っ張るだけ引っ張ってどうしようもない駄作というのもある。最初から下らないのならすぐに切りますが下手に引っ張る技術だけはあったから余計タチが悪い。

あとは「花千骨」も流石にこれは駄目ぽい気がしてきたのでもう切ると思います。

武侠ドラマもせっかく「天龍八部」「鹿鼎記」が良かったのに「萍踪侠影」で大ハズレを引いたので見るつもりだった「白髪魔女伝」も時間の無駄のような気がしてきて多分見ないでしょうね。

今見ている「七侠五義」も最初は「名作かも?」と思いましたが段々雲行きが怪しくなってきて、これは大いなる駄作のパターンもあり得るかもしれません。こういうのが一番困ります。何か凄い終盤を期待させるだけさせて長々と引っ張った挙げ句、何もなかったという最悪の展開、アメドラで言えば「LOST」パターンです。

あれだけ熱心に見ていたアメドラへの興味が段々薄れてきたのと同じように中国の時代劇(現代劇は敢えて見ていない)も大体パターンが見えてきたのでちょっと今見てるものが終わったら一旦見るのやめようと思います。

一応「名家の妻たち」が最後となると思います。

ブログもこれまでの記録として残しますが更新はしないと思います。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

スポンサーリンク
ads