ワイが大阪弁・京都弁・神戸弁が一発で区別できるワード教えるやで

LINE@登録

最近、東京でも関西弁を使う人が増えてる。
語尾が「~やん」がポピュラーだが、「なんでやねん」などの「~ねん」系も結構使われる。

元々ネットスラングでエセ関西弁がネタとして使われるようになったのが拡散したのと従来からのTVでの吉本芸人の影響が大きいだろう。

猛虎弁という「~やで」等もよく見かける。

ネットでよく見かけるワード
「せやな」
「せやろか?」

ところで関西弁と言っても色々ある訳で特に三大都市である大阪・京都・神戸の言葉の違いは他地方の人にはよくわからないだろう。

そこでワイが一発でその違いがわかるワードを教えるやで。

標準語「来ない」
大阪弁「けーへん」
京都弁「きーひん」
神戸弁「こーへん」

大阪人が「あのアホまだけーへんなあ~」と言うと
京都人が「ほんままだきいひんねえ~」と言い、
神戸の子は「あのボケまだこーへんのう」と言う。

勿論、中間地点ではどちらを使うとも言い切れない地域もあるが、
神戸人が「きいひん」を京都人が「こーへん」と使う事は絶対にない。

その一方、京都と神戸の中間である大阪の「けーへん」はどちらのエリアでも使われる事がある。

このように一口で関西弁といっても色々とバリエーションがあって非常に奥深いものなのであるんやで。

ほなな。まいど!

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ads