セレクション




【落語】古今亭志ん朝

YouTubeチャンネル&LINE@登録

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

上方落語を一通り聴いた後は江戸落語に手を伸ばす。
有名な人をあらかた聴いたが他を圧倒する力量だったのが古今亭志ん朝である。

こんな言い方をすると現役の落語家さんには非常に申し訳ないが、これ以上の人はもう生まれないと思うし余りにも差があり過ぎて他は聴く気もしない。

たまたまFMで「抜け雀」を聴いて、その情景が目の前に広がるほどの凄い話術であった。

流暢な江戸っ子言葉といい、色気のある女性の演じ分けといい、江戸落語の頂点を極めた人である。
早世されたのが本当に残念だ。

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads