ライフ・イズ・ビューティフル

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

これに感動せずに何に感動するというのだろうか?
親子愛には弱いので甘口になってしまう。

母親の愛って生物学的にも当たり前過ぎてあまり感動しないのだが父親の愛にはどうしても肩入れしてしまう。

有名なので未見の人は少ないとは思うがまだ見てない人は見て下さい。