セレクション




おすすめ中国歴史ドラマベスト5(2017/02/23改訂)

YouTubeチャンネル&LINE@登録

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

(追記:2017/02/23)
前回の改訂以降も色々見て来たのでそろそろ自分の中でのランキングにも変化がありました。

一つ強く感じたのが中国の歴史ドラマって
・「何度観ても楽しめる作品」
・「何度も観たいとは思わないが1度は必ず見て欲しい作品」
2系統に分かれるような気がします。

問題はこの2つ目のカテゴリー。
自分的には

【中国時代劇・歴史ドラマ事典】6.燃ゆる呉越-越王勾践
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】5.大秦帝国 The Qin Empire 裂変・縦横
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...
傾城の雪(中国ラブ史劇)
(追記:2017/02/15) 第50話(最終話)まで見ました。 総論から言うと非常に面白くて印象に残るいいドラマでした。 杭...

この3作品は超お勧めで絶対に見て欲しい。
2つ目の大秦帝国は第1部が素晴らしい。
3つ目の傾城の雪はラブ史劇で完全フィクションですけど。

お勧めなのに何回も見たくないというのは3つとも大悲劇なんですよね。
だから辛すぎて可哀想過ぎて何度も見れないという・・
よっぽどマゾの人なら見れるでしょうけど。

次に何度見ても楽しめるというのはハードル高いですね。
これに当てはまるのは

【中国時代劇・歴史ドラマ事典】2.三国志 Three Kingdomsと旧三国演義
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】10.宮廷の諍い女
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...

です。

「三国志Three Kingdoms」は通しで7~8回は見てますね。
「宮廷の諍い女」も5回は見てます。

この2作品は1回見ただけではよく理解できません。
細かい伏線も多いし登場人物も多いので2回目、3回目と新たな発見があるのです。

ということで最新のランキングですが・・

1.「三国志Three Kingdoms」
2.「宮廷の諍い女」
3.「燃ゆる呉越」
4.「大秦帝国(第1部)」
5.「傾城の雪」

とします。
もう1位2位は永久に変わらん気がします。
3位と4位はやはり辛すぎて2度は見る気しない(笑)
5位も含めて主人公が徹底的に不幸な目に遭うんですよね・・

ちなみに6位以降も考えてみました。
6.「曹操」
7.「水滸伝」
8.「項羽と劉邦」
9.「大秦帝国(第二部)縦横」
10.「則天武后〜美しき謀りの妃」(美人天下)

「武則天」がランク落ち。
冷静に考えるとやはり話のテンポが悪い。
ビジュアルと個々の演技力は素晴らしいんですけどね。
話数が多い割に得られる感動が薄い。
振り返ってみると徐慧さん役の人の怪演くらいしか見所がなかったような。

他の作品では「琅琊榜」もいい作品なんですけど主人公が強すぎて敵が雑魚過ぎるというパワーバランスの悪さがドキドキ感を弱めてしまってる・・

「水滸伝」「隋唐演義」はスタッフも出演者もダブってますし筋書自体もよく似てるのでどっちを見ても同じようなものです。前回のランキングでは単調ではないという理由で「隋唐演義」の方を推しましたけど知名度からしてもやはり「水滸伝」の方を見ておくべきかなと考えを変えました。

また何年後かに変わりましたら書きますね

***

ランキング改訂版(2016/11/06更新)

前回ランキング記事を書いてから追加で色々見てきましたので改訂します。
長いので1位から一つずつ順番に更新・追加していきます。

第1位「三国志 Three Kingdoms」

【中国時代劇・歴史ドラマ事典】2.三国志 Three Kingdomsと旧三国演義
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...

中国では「三国志」「水滸伝」「武則天」は何度もドラマ化されています。
日本で戦国時代の織田信長・豊臣秀吉・徳川家康や幕末が何度も大河ドラマで取り上げられるのと同じです。

三国志も日本で見られるのは2種類のバージョンがあって古い方は「旧三国」と呼ばれています。
こちらの方は流石に中国ドラマ界の黎明期だけあって現代の目で見ると映像も古臭く俳優の使いまわしもあったりしていきなり初心者が見るにはちょっと厳しいかもしれません。

さて今回紹介するのは「新三国」と呼ばれるものです。
旧三国がタイトル通り三国演義を忠実に再現しているものなのに対して「三国志 Three Kingdoms」は新解釈があったり、予算・演出上の改変があるなど原典からは若干離れた内容ではあるものの三国志を知らない人にとってはその魅力が十二分に伝わる傑作となっています。

全95話。
日本やアメリカのドラマしか見た事ない人にとっては恐ろしい長さです。
でも主要人物の孫の世代まで描くのにこれ位の尺は必要なのです。

日本人も魏呉蜀の三国は歴史で習います。
三国時代と言いながらその三国の何れも勝者になれない。
正に事実は小説より奇なり。

策謀や人間の嫉妬など人生で誰もがぶつかる壁や落とし穴。
賢者は歴史に学ぶと言いますがここには学ぶべき教訓が沢山あります。
まさに人生のバイブルと言っても過言ではありません。
まだ中国のドラマを見た事がない人には真っ先に見て欲しい作品です。

従来三国志と言えば「正義=劉備」「悪=曹操」みたいに描かれてきた作品が日本でも多かったのですが今作は全ての者にそれぞれ違った理念や考え方、価値観があってそれが行動の差に繋がってるに過ぎないという冷静な視点で誰かに一方的に肩入れすることなく公平に扱われていると思います。

魅力的な登場人物が多く何度でも繰り返し見て楽しめる作品です。
できればブルーレイで観るのをお勧めします。
永久保存版の傑作です。

なおランキングには入ってませんが三国志の主役の一人曹操を描いたドラマ「曹操」をこのドラマの前でも後でもいいので見て頂ければ更に三国志の理解が深まると思います。こちらも地味ですが非常に味わい深い名作です。

第2位「宮廷の諍い女」

【中国時代劇・歴史ドラマ事典】10.宮廷の諍い女
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...

恐らくこの上位2作品に関しては今後も不動のような気がします。
それ位この2作は凄い完成度です。

原作はインターネット小説で架空の王朝を舞台にした物語だったのを清王朝の雍正帝の時代の話に置き換えた脚本をベースに作られています。

一言で言えば後宮で起こる血みどろの権力闘争なのですがこの作品は何といっても脚本と演出、そして俳優陣の演技が素晴らしい。

中国では「神劇」と呼ばれてるそうですがそれも頷けます。
普通のドラマでは主要な登場人物には細かい性格設定と演技指導をしますが端役に対しては大抵はおざなり。

ところがこのドラマはメインの妃嬪たちは勿論、彼女達に仕える女官や太監レベルにまで繊細な演出をしている。

だからこのドラマは「誰にフォーカスして観るか?」という視点を変えて何度観ても楽しめるのです。
私はもう6回見ましたがまだ飽きません。
観れば見るほど見落としていた伏線を発見したり「あ、この時の表情はそういう意味だったんだ」というのが解ったりと本当に奥深いドラマです。

神憑り的な演技で華妃という主役の敵を演じる蒋欣さんだけではなくこの作品には下手な俳優は一人もいません。それは先ほど書いたように脇役・端役に至るまでの魂を込めた演技と細かい演出によるものなのです。

地位が盤石ではない雍正帝は軍権を握る年将軍の妹である華妃を優遇せざるを得ない。
しかしそれ故に傲慢になった華妃が主人公の甄嬛を痛めつけるのを完全に阻止する事ができない・・
この辺のジレンマに苦しむ辺りが一筋縄ではいかぬ人生模様をよく表現しています。

最初は純粋無垢だった甄嬛が敵への対抗上、悪賢く立ち回らなければ生き残れない事に気づきどんどん変貌していく様は非常に迫力があります。

人間の本質についてよくわかる正に傑作と言えるでしょう。

第3位「武則天-The Empress-」

第3位は先日日本初放送が終了したばかりの「武則天-The Empress-」です。

【中国時代劇・歴史ドラマ事典】14.武則天-The Empress-(武媚娘傳奇)
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...

今作は中国歴史ドラマをまだ観た事のない人にお勧めです。
理由としては

・56億円の制作費が投じられて豪華なセット・衣装でビジュアル的に優れている。
・有名な実力派俳優を配しているので演技レベルが高い。
・三皇子の争い、後宮内の陰謀など近年ヒットした中国歴史ドラマのエッセンスが集約されている。

以上となります。

逆に言えば既に華流ドラマをいくつも観てる人にはそれ程新鮮味はないかもしれません。
三皇子の争いは「琅琊榜」、後宮内の陰謀は「宮廷の諍い女」を意識しているように見えます。

でも日本人も歴史で学ぶ武則天=則天武后の新しい一面が楽しめるのではないでしょうか?
この唐の時代のドラマを観る前にできれば前の隋から唐への移り変わりを描いた「隋唐演義」を見ればより登場人物の背景や心情がよく理解できると思います。

第4位「燃ゆる呉越」

このドラマは「見てもらいたい度」と「人生に与える影響度」で1位です。

【中国時代劇・歴史ドラマ事典】6.燃ゆる呉越-越王勾践
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...

以前のランキングにも個別記事にも散々書いたのでそちらを読んで欲しいですがとにかくひたすら悲惨なのです。

これを見れば「臥薪嘗胆」という言葉の重みがわかるでしょう。
勾践が受けた数々の屈辱に比べれば我々が学校や会社で受ける嫌な思いなんてたかが知れている。
大きな目的さえあれば何事にも耐えられるという事。
このドラマを見れば小さな事でくよくよ悩む事はなくなります。
お勧めなのでぜひ見て下さい。

第5位「項羽と劉邦 King’s War」

【中国時代劇・歴史ドラマ事典】4.項羽と劉邦 King's War
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...

「三国志 Three Kingdoms」のスタッフによる作品。

始皇帝から二世皇帝胡亥までの秦。
そして項羽と劉邦による楚漢戦争を描いたドラマ。
出演者も「三国志 Three Kingdoms」と結構被ります。

でも中国の歴史ドラマをより理解するためにはこの時代は欠かせません。
特に三国志は後漢末期の物語なのでその漢の成立に至る経緯を知る為にはこれを観るのが一番。
しかもせっかく春秋戦国時代を勝ち抜いて中国を統一した秦の成れの果てもこれで理解できるのでぜひ観て頂きたい。

何度も書いてますが劉邦と項羽の関係と同時に劉邦と韓信の関係も大きなポイント。
韓信の立身出世と栄光そして悲劇的な最期・・
この辺りに注目です。

以前のランキングに入っていた作品

【中国時代劇・歴史ドラマ事典】8.隋唐演義
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...

隋唐演義は秦叔宝パートで水滸伝の面白さをギュッとコンパクトに凝縮した上で煬帝パートで陰謀劇も楽しめるという一粒で二度おいしい作品となっており最初から最後まで一貫して楽しめるのでそういった点でエンタテインメントとしてお勧めできます。

【中国時代劇・歴史ドラマ事典】5.大秦帝国 The Qin Empire 裂変・縦横
【中国時代劇・歴史ドラマ事典】シリーズ 故事成語の原典が一杯!賢者は歴史に学ぶ! 1.三国志・キングダムファンにもお勧め! ...

弱小の秦が強大化し中国全土を統一するまでを全51話X全6部で描くという中国でしかできない壮大なスケールの話。
最近やっと中国本土で第3部の放送が始まったそうですが日本ではまだ2部までしか放送されていません。

基本的に君主と謀臣のペアが主役になります。
第1部は孝公と商鞅
第2部が恵文王と張儀

今回お勧めするのは第1部の方です。

春秋戦国時代の中国は主に7つの国に分かれていて中でも西の端に位置する秦は野蛮な遅れた国として見下されていたのです。
そこで秦を改革しようと孝公が隣の魏にいた衛鞅を迎えて新たな法体系を導入していく。

この作品は本当に素晴らしいので自信をもってお勧めできます。
ただし悲劇なのでかなり重苦しい雰囲気が漂います。
正義を貫く為に多くの人が不幸になる。
改革とはいかに多くの血を流さないと成し得ないものなのかと改めて考えさせられます。

(以前の記事は削除しました)

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads