セレクション




キノコ(ぶなしめじ・えのきだけ)のパワー

YouTubeチャンネル&LINE@登録

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

去年(2015年)の夏の健診結果で中性脂肪と悪玉コレステロールが基準値を超えているのが判明。
そして10月に尿路結石で救急車で運ばれる。

それ以降趣味の食べ歩きを封印しました。
昨冬は鍋を結構食べたのですが今まであまり食べなかったキノコ類を沢山食べるようにしました。

ぶなしめじ

IMG_20160506_113407

とにかく安い。
うちの近所では68~78円で売っています。
そして美味しい。

オルニチン=細胞分裂を活発化させ肌の新陳代謝を促進。
ビタミンB1=成長ホルモンの分泌を促進。糖質の代謝を助ける。神経機能を正常な状態に保つ。
ビタミンB2=目や口の中の粘膜や皮膚を守り再生させる。動脈硬化を起こす原因となる過酸化脂質という物質を分解。脂質の代謝を助ける。
ナイアシン(ビタミンB3)=糖尿病の予防。
ビタミンD=カルシウムの吸収を高める。免疫力や細胞の代謝機能を高める。脂肪の吸収を妨害。
βグルカン=免疫力を高める。風邪や癌の予防。疲労回復。
レクチン=免疫力を高める。
オルニチン=肝臓を保護する。コラーゲン生成。
カリウム=老廃物や浮腫みを解消。
チロシナーゼ阻害物質=メラニン色素の生成を抑制。

えのきだけ

IMG_20160506_113442

今日は78円でしたがもっと安い58円の時もあったはず。
見た目はそんなに栄養なさそうですが侮れません。
えのきだけを週3日以上食べると癌のリスクが半分以下になるという調査結果もあります。
えのきだけに含まれるEA6という糖タンパクが免疫力を高めるようです。

ビタミンB1=成長ホルモンの分泌を促進。糖質の代謝を助ける。神経機能を正常な状態に保つ。
ビタミンB2=目や口の中の粘膜や皮膚を守り再生させる。動脈硬化を起こす原因となる過酸化脂質という物質を分解。脂質の代謝を助ける。
ナイアシン(ビタミンB3)=糖尿病の予防。
パントテン酸(ビタミンB5)=動脈硬化を予防。ストレスをやわらげる。
ビタミンD=カルシウムの吸収を高める。免疫力や細胞の代謝機能を高める。脂肪の吸収を妨害。
カリウム=疲労回復。利尿作用。高血圧の予防。
キノコキトサン=脂肪を体外へ排出する。
エノキタケリノール酸=内臓脂肪を減少させる。

あとエリンギとまいたけも書こうかと思いましたが基本的な要素は上記の2つと変わらないですね。
手に入りやすいのと特別な栄養素の点からもぶなしめじとえのきだけが特にお勧めです。

食べ方としてはやはり鍋などにして食べるのがいいかと思います。

IMG_20160506_114509

煮ると栄養素が流れ出るので煮汁も頂く事。
健康に良い栄養成分がたっぷりでローカロリーのキノコ類でヘルシー生活を送りましょう!

IMG_20160506_114735

IMG_20160506_113516

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads