セレクション




カレーや麻婆豆腐を食べて「辛い!」と文句を言うバカ

YouTubeチャンネル&LINE@登録

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

ワイ、グルメブロガー。
辛いもん大好き。

カレーや麻婆豆腐を良く食べる。

大抵のカレー専門店は辛さが選べるのでまだ良いのです。
問題は麻婆豆腐。

カレーみたいに辛さを選べないところがほとんど。

何が問題かというと、最初激辛で人気が出た店が

「ここ麻婆豆腐美味しいらしいよ!行ってみよう!」

と辛さに耐性のないアホがノコノコと大勢押し寄せる。

そして

「うわ~辛すぎて無理~~」と残すのだ、このアホどもは。

料理人として作ったものを残される事ほどショックな事はない。
だからどうするかというと・・

辛さを弱めるのだ

激辛で人気が出た店なのにバカどものせいで全く辛くない麻婆豆腐にされてしまう。

麻婆豆腐で人気の店は数人分一度に作るので辛さを変える事は難しい。
よって辛さを求めてやってきたのに毒にも薬にもならぬような女子供でも食べられる軟弱な麻婆豆腐を食わされる羽目になる。

辛いのが苦手な奴はカレーも麻婆豆腐も食うな!
チョコレートでも齧っとけ!ドアホが!

お前らのせいで元々は素晴らしい麻婆豆腐を出してた店が次々に日和ってしまう。
彼らは商売なので大勢の意見を尊重せざるを得ない。
すると初期のファンがそのとばっちりを受けるのだ。

大体世の中には色々な食べ物があるんだから辛いのが苦手ならどうしてわざわざカレーや麻婆豆腐を選ぶのだ?
全く訳がわからん。

汗が大量にドバっと出る麻婆豆腐が刺激ゼロの優しい甘めの料理になってしまう。
この悲劇をこれ以上繰り返してはいけない。

頼むからバカは集団自殺してほしい。

↓舌がアホになって「水が甘く感じてしまう」やはりこれ位でないと辛さの醍醐味とは言えない。

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads