セレクション




やっぱり癌が増えてる気がしてしょうがない

YouTubeチャンネル&LINE@登録

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

芸能人や著名人の癌のニュースがやたら目に付くのは気のせいなのだろうか?

寿命が延びたから?

「癌が増えた気がする」と言うと「それは寿命が延びたからだよ」という反論をされる。
そりゃ80代がガンでボコボコ死んでも
「長生きすればそれだけ癌になる確率も上がるよね」
と思うだけだが、目につくのは大抵50歳前後の人達だ。

私は「癌=自爆装置」だと思ってる。
人間が余りにも長寿になりすぎると次世代の生きる為のリソースを喰い尽してしまう為、種全体の生き残りの為にある仕組みだと考える。

しかし、それにしては50代で自爆装置発動は早すぎないか?
確かに人間も単なる生物の一種と考えれば生殖活動が終わる年齢になればもう用なしと考える事もできるだろう。

でも平均して80年位生きる中で一部分だけ50年程で死んでしまうのはバランスとしてどうなのかと思ってしまう。

どうしてもアレとの関連が気になる

あえてハッキリとは書かない。
書かなくても誰もが何の事かわかるからだ。

別にデータを集めた訳でもない。
たまにその辺一帯で甲状腺がんが増えたとかのニュースを見かける位だ。
例えばある程度距離が離れた東京ともっと離れた北海道や九州で顕著な程増えているのか?

医療関係者ならエビデンスを持ってるのかもしれない。
しかしたとえそんなものが存在したとして公にするのは難しそうな気もする。

嘘を付くのが当たり前の政府

別に我が国関わらず、政府というものは国民が動揺したりパニックになったりする情報は伏せるものだ。
「放射能の垂れ流しのせいで癌が増えてます」などと口が裂けても言えるはずがない。

(追記)ちょこっと調べたら「福島県でがん患者の発生比率が6000%増加」という記事を見つけた。
そもそも何も影響がない方がおかしいのであって別に驚く数字ではない。

あくまでも印象ですが

東京にいる芸能人が癌になるニュースはよく耳にするが大阪在住の芸能人が癌になったというニュースは思い出せない。
あくまでも思い出せないだけで実際にはあるのかもしれないし、そもそも芸能人の数が圧倒的に違うので比べるにしては母数が違い過ぎるという問題もあるが、それにしても違いすぎるのだ。

死の谷

80歳位になれば癌の進行も遅いのが普通。
それに比べて40~50代は進行が速い。

まだ働き盛りと言える年代に急に命を奪われるのは本人は勿論、周りの家族にもショックは大きい。
医学は日進月歩とは言え癌に対してはまだまだ根絶まで果てしない道のりに思える。

免疫

健康な人でも1日に5000個癌が発生しているそうだ。
通常は免疫によりがん細胞は殺される。

日々できる事はこの免疫力を高める事ではないだろうか?

死ぬときは死ぬ

お金があれば先進医療を受けれるから治る可能性が高まるかもと思いがちだが、スティーブジョブズは1兆円近い資産があっても癌の王様「膵臓がん」に勝てなかった。

ある意味凄い無力感を感じる。
1兆も頑張って稼いだのに病気一つ治せないなんて。

「お金が一番大事」なんて嘘だなと思う。
死んだらいくら莫大なお金があろうと無意味なのだ。

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads