セレクション




WooCommerceでここまで出来る!使ってみての機能別感想

LINE@登録

現時点でのうちのWooCommerceサイト「二条屋本店」での実装機能。

今はこっちで運用中。

【決済関連】
・銀行振込
・クレジットカード決済(PayPal)

ちなみに銀行振込を選択すると自動的に割引が適用されるように設定している。
→現状3%。全商品で一律というのが困る。

Amazon Payには興味があるものの審査ありとのことなのでもう少し商品構成が固まってから申請しようと思う。
Stripeについては後々検討しようかと。

【割引関連】
・決済の種類によって割引を適用(前述のもの)

・SNSシェアによる割引(Facebook or Twitterでシェアすると割引)

・ポイントシステム(全商品で同じ%が適用)

・アフィリエイト(全商品で同じ%が適用)

→この3つも全商品で一律でしか設定できない。

・紹介者コードによる割引

【ローカライズ関連】
・姓名の順序が逆になるのを修正

【メディア関連】
・現状YouTube動画のレンタル視聴を販売している。
支払い後すぐに見れる訳ではなく手作業が必要になるのでもっと良い手段がないか探している。

・MP3の音楽ファイルのダウンロード販売
→試聴ができるようにしたが部分試聴にするのはプラグインを有料のPROにバージョンアップしなければならない。

【販売形態】
・サブスクリプションに対応
→PayPalと連動してくれるので自動で引き落としてくれる。
ただWEBサイトを見せるにしろ動画を見せるにしろ手作業が発生する。

・自サイトでの販売とアフィリエイト(Amazonなどに飛ばす)の混在も可能。

→あくまでも「可能」というだけであって好ましいとは思えないのでいずれは外します。

【表示関連】
・販売数表示

・感想コメント表示
・ブランド別表示

*プラグインで追加した機能に関しては英語になってしまう。
部分的に修正してみたがプラグインがUPDATEすればまたやり直しな訳でその辺がツラい。

【その他拡張機能】

将来的にはマーケットプレイス型にもできるし、クラウドファンディングもできるようだがトラブった時が怖いので少しずつ追加していく予定。

そんなことよりも「何を売るか」の方が重要で最近はいろいろ考えているのだが
・Amazonや楽天で売ってるものは扱わない
・単価が安いものは売らない
というルールを決めた上で当然独自商品ということになるがそこが一番難しい訳で。

【総論】
数年前までならここまでできるサイトを構築するには数百万は掛かったであろう。
それが無料で実現可能になったのは隔世の感がある。
ただいくら箱はタダでも扱う商品が一番重要なのであり、かつ一番難しいのは変わらない。

関連記事
スポンサーリンク
ads

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ads