もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら-読書感想

ははは。こういうくだらないの好きです。
案の定、宝島社か。
カップ焼きそばを題材に色んな作家が書いてみたらどんな文章になるのか?
コナンドイルから星野源、小沢健二までいかにも彼らが書きそうな文体になってます。

バブルの時ってこういうサブカルのお遊びみたいなのが結構持て囃された気がするんだけど最近はほとんど目にしないですね。

くだらない事を一生懸命にやる

これって経済情勢が良くて余裕がないと出来ない事なんじゃないかと。
ということは少しは改善してるのかな?