セレクション




ジョージ・マイケル(George Michael),プリンス(Prince),デヴィッド・ボウイ(David Bowie)

YouTubeチャンネル&LINE@登録

さっきまでMTVでジョージ・マイケル(George Michael)の追悼番組を見ていた。
2時間の番組を見終わった後、次の番組がプリンス(Prince)特集だった。
デヴィッド・ボウイ(David Bowie)も含めて今年はビッグネームが相次いで逝ってしまった。

自分が好きだった人がこうやって死んでいくのを見るのは堪える。
人生が有限である事を改めて思い知らされるし、楽しかった思い出がどんどん色褪せていくような気にもなる。それ以上に自分の人生も残りが思った程長くないなと実感させられる。

ジョージマイケルの番組はほぼ時系列にWham!時代からソロの最新作まで。
ワム!の曲は少ししか流さず、「え?ラストクリスマスは?」と思ったがこれだけは一番最後に持ってきた。

このリッスン・ウィズアウト・プレジュディス1曲目の「プレイング・フォー・タイム / Praying for Time」が個人的には一番好きな曲なのだがさっきの番組では取り上げられなかった。
知ってたのは「Fastlove」まで。それ以降はほぼ初めて聞く曲ばかりだった。

さてプリンス。

プリンスは特にファンという訳ではなかったがさすがに大ヒットしたこの辺りは知っている。
この人は本当に多才だと思う。

最後にデビッドボウイ。

正直これだけ沢山アルバム出していればいいものもそうじゃないものもあるんだけど上に挙げたのは取り敢えずは聴いて欲しい。

80年代に活躍したミュージシャンの訃報が続いた2016年。
そういえばデッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)のピート・バーンズ(Pete Burns)も今年亡くなりました。

YouTubeを参考に貼ろうかと思いましたが公式以外を掲載するのは気が咎めるので止めておきます。

AD
スポンサーリンク
ads
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ads