【お勧め!】過去記事傑作選ピックアップvol.2(君主論・孫子の兵法)

この記事は書かれてから1年以上が経過しています。
読む際にはご留意下さい。

アメリカの国務長官だったキッシンジャーは部下に
「報告書をまとめて自分のオフィスの机に置いておくように」
と指示した。

部下が書類作成をし終えて机の上に置いて立ち去るとしばらくして自分の机の上に書類は戻されてメモが付いていた。

「これで精一杯なのか?」

部下は書類を見直し推敲して、もう一度持って行った。
するとまた同じようにメモが付いて戻されていた。

うんざりしながらも再度文章を磨き上げてまた持って行った。
するとまた同じメモが付いて戻っていた。

さすがに怒ってキッシンジャーの元へ行って大声で訴えた。
「もうこれで本当に精一杯なんですよ!」

するとキッシンジャーは言った。
「じゃあ今から本当に読むとしよう」

***

アメリカの5大財閥の1つ・モルガン財閥の創始者J.P.モルガンは知り合いの宝石商に真珠のネクタイピンを注文した。

宝石商は最高の真珠にピンを付けて5000ドルの請求書と一緒に送った。

数日後、宝石商の元にピンの箱と4000ドルの小切手が送り返されてきた。
付いていたメモにはこう書かれていた。

「素晴らしい真珠だが、5000ドルは高過ぎる。4000ドルの小切手を受け取る気があれば、ピンの箱は開けずにそのまま送り返して頂きたい」

宝石商は怒って小切手を断り、ネクタイピンを取り出そうと箱を開けた。

するとピンは入っておらず、5000ドルの小切手が入っていた。

偉大な人物は下らない事に時間を浪費しないという事がよくわかる2つのエピソードです。

ジョン・ロックフェラーはスタンダードオイルを拡大する際、中小の製油所を買収していった。

抵抗する製油所に対処する為に隠密裏に鉄道網を買収し、彼らが買収に応じなければ輸送費を大幅に値上げすると脅した。

***

ジェイ・グールドはウエスタンユニオン電信会社に対抗する自らの電信会社を設立した。
ウエスタンユニオンは邪魔者を買収することで追い払った。
するとグールドはまた別の電信会社を設立した。
これも同じように買収された。
このような事が何度か繰り返された後、とうとうグールドは会社の売却で得た莫大な資金を元にウエスタンユニオンを自分のものにした。

ウエスタンユニオンは「グールドの目的は会社を買い取らせること」だと思っていたが、そのもう一段向こうに真の目的があったのだ。

ジョン・ロックフェラーはこれまで会った者の中で
最もスキルの高い実業家としてグールドの名前を挙げた。

***

エチオピアの皇帝となったハイレ・セラシエ1世は最後まで抵抗を続けた部族の酋長を宴に招待した。

酋長は宴で暗殺されることを恐れ、自分の軍隊を連れて行くことにした。

精鋭のみを宴に帯同させ、残りは近くで野営させていつでも攻撃できるように備えさせた。

セラシエは自ら酌をして歓待したが酋長は常に毒見をさせたり、護衛が飲み過ぎないように注意した。

無事に宴も終わり、セラシエが腰抜けだとわかった酋長は攻撃を仕掛けるつもりで野営地へ戻った。

ところが野営地には焚火の消された後だけが残り、兵士は誰もいなかった。

近くの村人に訊くと、宴が開かれてる間にセラシエの軍隊が来て、大量の金貨をばら撒いて武器を買い取り兵士を立ち去らせたと言う。

危険を察知した酋長はすぐに逃げようとしたがセラシエの軍隊に包囲されて降参するしかなかった。

***

アメリカのギャングの帝王アル・カポネの元に紳士が訪れた。
その紳士はカポネに
「5万ドル預けてくれたら2か月で倍にする」と言った。
カポネは強い疑いの眼差しで彼を睨みつけながらも5万ドルを彼に預けた。

2か月後、紳士が戻ってきた。
彼は言った。「申し訳ありません、失敗しました」

カポネは怒りで顔を紅潮させてどうやってこの紳士を殺してやろうかと考えてた時、紳士は続けて言った。

「倍にすることは出来ませんでした。元金の5万ドルはお返しします」と5万ドルを差し出した。

カポネは驚愕して言った。

「あんたを一目見た瞬間から詐欺師だとわかっていたんだ!だから10万ドルになるかゼロになるかどっちかだと思っていた。それなのにあんたは5万ドル返しに来た・・」

紳士が小声で詫びて立ち去ろうとするとカポネは呼び止めた。

「あんたみたいな正直な人間は初めて見た。もし困ってるならこれを使ってくれ」
返してもらった5万ドルの中から5000ドルを渡した。

紳士は有名な詐欺師で最初からこれが狙いだった。

真の目的を隠し相手の意識を違う事に集中させれば油断して自滅する。
特に交渉事ではこの手法は有効だ。

ある村の茶屋で一人の商人が茶を飲んだ後、茶碗をひっくり返しながら吟味していた。

商人が去った後、それを見ていた職人が店主に「あれは誰か」と尋ねると有名な鑑定家の伏見屋だと言う。

職人は「そんな人があれだけ吟味するなら価値のある茶碗だろう」と主人から半ば強引に持っていた全財産の三両でそれを買い取った。

その後江戸中の骨董屋に持ち込むが、「ガラクタ同然で価値はない」と断られた。

がっかりしながら最後に伏見屋に行くと主人は
「湯気の立ち方が変なのでどこから漏れているのかと見ていただけ」と言い、やはり茶碗には価値がないと言う。

それを聞いた職人の余りの落胆ぶりを見て気の毒に思った伏見屋は茶碗を百両で買い取ってやった。

この話が伝わり、「伏見屋が百両出して買った茶碗ならさぞ価値があるに違いない」と売って欲しいという人が殺到した。

しかし二百両で買いたいという商人二人が茶碗を取り合いになり割ってしまう。
結局、売買の話はなくなり伏見屋は割れた茶碗を糊付けして押入れにしまい込んだ。

数年後、高名な茶人である松平不昧が伏見屋を訪れ茶碗を見たいと所望した。

茶碗を見た不昧は
「確かに茶碗としては大したことはないが茶人というものはその物自体の価値よりも情趣や含蓄を重んじるものだ」
と言って茶碗を千両で買い取った。

***

アメリカでストーリーの価値に関する実験が行われました。

ガレージセール等で集めたガラクタにプロのライターが考えたその物にまつわる「でっち上げのストーリー」をセットにしてオークションサイトで売り出したらなんと120ドルで仕入れたモノが3600ドルで売れたそうです。

つまりなんと価値が30倍になったということです。

モノ自体の物的価値よりそれに付随する物語や含蓄の方が価値があるという事ですね。

画家ルーベンスは大勢の弟子を使い「黄金の工房」を構築した。
弟子たちは背景専門、人物のみ、服担当、等と分担作業をして作品を量産した。
そして顧客が工房に見学に来る時は前もって弟子を追い出してルーベンス一人で黙々と作業してる様子を見せつけた。

***

発明王エジソンは「自分が数学者である必要はない。数学者ならいつでも雇える」と言った。
彼はセルビア人の発明家ニコラ・テスラを雇い、安い賃金で数々の発明をさせて手柄を横取りした。
後に彼が会社を辞めて開発した交流電流に対して嫌がらせをする為に交流による電気椅子を死刑執行に使わせて交流に対するネガティブキャンペーンまでした。

エジソンは言う。
「商業や工業の世界では誰もが盗みをはたらいている。
私自身も多くのものを盗んできた。
だが、私は盗み方を心得ている」

***

AppleIIの成功を見てIBMも個人向けコンピューター市場に参入を決定した。
しかしPC用のOSがないIBMはこれを外部から調達することにした。

この事を知ったマイクロソフトのビル・ゲイツは自社で開発しようとしたが間に合わない為、既にPC用OSを持っていたシアトル・コンピュータ・プロダクツに出向きQDOSの全ての権利をたった50,000ドル(約500万円)で手に入れた。

これに手を加えて自社の製品MS-DOSとしてIBMにライセンス供与したマイクロソフトは莫大な利益を上げ世界一の巨大ソフトウェア企業になった。

***

Appleのスティーブジョブズはゼロックスのパロアルト研究所でマウスやウィンドウなどの未来のコンピュータの試作品を見た。

当時のパソコンはまだコマンド入力で操作していたので「これは凄い」と感動したスティーブはプログラマを引き抜いてマッキントッシュを完成させた。

Macintoshが大成功を収めたのでマイクロソフトはMac向けにWordとExcelを提供する事に決めた。

この時Appleは契約で
「Macintoshのルック&フィールの使用許諾」
をMicrosoftに供与した。

つまりWordやExcelでもMacらしい画面構成でなければ使用感の統一が図れないのでMicrosoftもMacのデザインを使ってもいいという許可を与えたのだ。

これを盾にMicrosoftはMacにそっくりなWindows95を作ってAppleを倒す事に成功した。

怒ったスティーブ・ジョブズはビル・ゲイツの元に怒鳴り込んだ。
「君は僕のMacを盗んだな!」

ビルは落ち着き払って言い返した。

「スティーブ、これはこういう事なんだよ。
僕たちの家の近所にゼロックスさんという金持ちが住んでいた。
僕がそこにTVを盗もうと押し入ったら君が先にいて
『これは僕が先に見つけたんだから僕のものだぞ!』
と言っているようなものだよ」

***

スティーブ・ジョブズはパートナーのスティーブ・ウォズニアックにアタリ社から依頼されたゲームを作らせた。
その報酬を折半しようと提案して貰ってきた700ドルのうち350ドルを渡した。
だがジョブズが実際にアタリから貰ったのは5000ドルだった。

***

「善良なる人々は数多くの悪しき者達の中で滅びざるをえない」
「目的のためならば、手段を選ぶべきではない」
-ニッコロ・マキャヴェリ-

他人を自分の為に働かせる。そして手柄は自分が独り占めする。偉大な人間は皆このような事をしているのですね。

ミケランジェロはパトロンであるローマ教皇ユリウス2世と作品の事で口論になって教皇の元を去った。

教皇はパトロンという立場でありながらも

「ミケランジェロ程の卓越した才能があればパトロンになる人間は他にいくらでもいる」

と考えて戻ってくれるように自ら詫びた。

***

中世の時代にイタリアのある町で靴職人に死刑の判決が下った。
すると町中の住人が怒り出して暴動寸前になった。

「この町には靴職人が一人しかいない!
彼を死刑にしてしまえば私達の靴の修理は誰がするのだ!」

裁判官は市民の怒りに気圧されてこう言った。

「確かにこの町には靴職人は一人しかいません。
でも屋根職人は二人います。
よって屋根職人の一人を死刑にしましょう」

人間も希少価値があれば大事にされます。逆に代わりがいれば粗末な扱いをされるのです。

人々が犯す過ちで最も多いのは目前の危険を過大に恐れ、遠くの危険を過小評価することだ。
-ド・レ枢機卿-

***

何事にも慎重すぎるよりはむしろ果敢な方がよい。
運命は慎重な人より果敢な人に従順である。
-ニッコロ・マキャヴェリ-

***

水たまりにカエル2匹が住んでいた。
暑い日が続いて水たまりが干上がってしまった。
新たな住みかを探していると大きな井戸を見つけた。

「ここなら水もたっぷりあるし、餌も沢山有りそうだ。ここに住もう」
もう1匹が言う。
「でも、もしここも干上がったら、こんな深い井戸からどうやって出る?」

色んなことを心配しだしたら何もできなくなる。
-イソップ物語-

多くの人がリスクを心配します。でも一々心配し出したら何も出来なくなってしまうのです。

コロンブスは貴族の家系だと出自を自称していたが実際はただの酒屋の息子だった。
ポルトガルの名家の娘と結婚して、そのツテでポルトガル王に謁見して大西洋航海の為の資金援助を要請したが断られた。
ポルトガル王室のコネでスペイン王室に出入りし、何度も断られたもの最終的には女王イサベル1世に資金援助を認められた。

***

ピエトロ・アレティーノは教皇を含めた全てのイタリアの著名人を誹謗中傷で攻撃する作品で有名になった。
彼は貴族の出だと自称していたが本当は靴職人の息子だったと知られてしまった。
しかし、彼は弁解せずこれは自分の偉大さの証明だと言い放った。
自らの才能だけで社会の最底辺から頂点へ登りつめたのだと。

***

その国の王は出自が貧しい出だったので民から敬意を払われる事はなかった。

王は広場にある金の桶を壊してその金塊で仏像を作らせた。
人々は毎日その仏像を拝むようになった。

王は仏像の前で民に呼び掛けた。

「そなた達が毎日拝んでいる仏像は元々は桶だった。
みんなが痰を吐いたり、小便をしたりしたものだが今は敬意を払っている。
私も元は貧しかったが今は王なのだから敬意を払ってくれても良いのではないだろうか?」

尤もだと納得した民はそれから王を敬うようになった。

出自が卑しくても才能さえあればいくらでも立身出世する事は可能なのです。

ビル・ゲイツ
(マイクロソフト創業者、世界一の富豪)
=ハーバード大学中退

ラリー・エリソン
(オラクル創業者兼CEO、世界6位の富豪)
=イリノイ大学、シカゴ大学共に中退

スティーブ・ジョブズ
(アップル創業者)
=リード大学中退

マーク・ザッカーバーグ
(フェイスブック創設者、世界で最も若い10人の億万長者第1位)
=ハーバード大学中退

ハーバードに入ってる時点で充分賢いのはわかりますし、在学中に創業したらもう卒業する必要はないのかもしれません。

大学中退だけではなく、高校中退の偉人もいます。
ライト兄弟は共に高校中退ですし、イギリスのヴァージングループ創設者のリチャード・ブランソンもそうです。
ヴァージンはレコードレーベルから始まって航空会社、宇宙旅行にまで事業を拡大しています。

日本でも孫正義さんは高校中退してアメリカに渡ってSATを受けて現地の大学に入学しています。
堀江貴文さんは東大中退です。

雇ってもらわなくても自分で起業するのなら学歴なんか不要です。
かつてビル・ゲイツは孫正義に自著をプレゼントした際、こんなメッセージを自筆で書いてくれたそうです。

to Masa
You are as great a risk taker as I am.
(マサへ。君は私と同じ位の大勝負師だな)

後に秦の恵文王に仕える事になった張儀は若い頃、窃盗の疑いで袋叩きにあった。
傷だらけの張儀は妻に対し「舌はまだついているか?」と尋ねて無事だとわかると
「舌さえあれば十分だ」と言った。

***

19世紀のアメリカを代表する政治家であるダニエル・ウェブスターは
「もし、持ってる資産や能力の全てを奪われるとして何か一つだけ残せるとしたら、迷わず『話す能力』を選ぶ。それだけあれば充分だ」

話す事で人々を説得さえできれば何だって可能になる。スピーチ能力こそ人間の最大の武器です。

著名な画商のデュヴィーンは新たな顧客のターゲットとして鉄道王の若き妻に狙いを定めた。
当初は彼女の買い物に付き合ったりしたが決して絵を売ろうとはしなかった。
色々な画家の話をしたり、本物の芸術についてゆっくりと教育していった。

そしてついに時は来た。

大資産家の夫が亡くなった後、彼女は全財産を引き継いだ。
彼は今や大富豪の未亡人に当時の市場最高額で「青い少年」を売りつけた。

慌ててすぐに売ろうとするとうまく行かない。じっくり教育して商品の価値を理解させることがセールスの極意である。

モンゴルにレスリングの達人がいた。
年老いて指導者になったが一人だけ見込みのある若く優れた弟子がいた。

100の技のうち99まで教え込んだが最後の一つは何故か教えることはなかった。

弟子は国内の全ての大会で優勝した。

彼は
「もうこの国で私に勝てる者は誰一人いない。
今なら師匠にすら勝てるだろう。
勿論、御恩があるし、もうお年なので戦う事はしないが」
と言った。

この発言を聞いた国王がその不遜ぶりに怒って師弟対決を命じた。

試合ではお互い技の応酬で互角に闘っていたが、ついにまだ見た事のない100番目の技で若者を投げ飛ばして師匠が勝った。

年老いた指導者は試合直後にこう言った。
「こんな事もあるかと1つだけ技を隠しておいた」

***

最善の友、最悪の敵となること多し。(イギリスの諺)

***

シャガールは幼少の頃、母親に対して「美術学校に行きたい」と希望を伝えた。
すると
「ママもあなたには絵の才能があると思うわ。でも事務員になる方が絶対に良いと思うの」
と言った。

最も近い者が最大の敵になります。「友は急所を知っている」のです。身近な者こそ警戒しなければなりません。

君主にとって、術策など弄せず公明正大に生きることがどれほど賞賛に値するかは、誰もが分かっていることである。
しかし、われわれの経験は、信義を守ることなど気にしなかった君主のほうが、偉大な事業を成し遂げていることを教えてくれる。
それどころか、人々の頭脳をあやつることを熟知している君主のほうが、人間を信じた君主よりも、結果から見ればより大きな事業を成功させている。

-ニッコロ・マキャヴェリ-

***
「兵は詭道なり」
-孫武-

人間は、内容よりも外見で判断しがちなものである。
誰でも眼は持っているが、洞察の才を持っている者は稀である。
-ニッコロ・マキャヴェリ-

***

越の西施の美しさは口の悪い者も貶せず
斉の無塩の醜さは口の上手い者も褒められず

人間は外部からの情報の9割を視覚から得ています。
SNS全盛時代の現代社会においてはビジュアルコントロールをできる者が多くの利益を得られるでしょう。

モーセの師キードルが警告をもって現れた。
特に貯められてない限り世界中のすべての水が消えてなくなるだろう。
違う水が流れてくるが飲んだ人間は狂うだろうと。

一人の男が水を安全な場所に貯蔵した。
そして川や滝、井戸の水が干上がり別の水が流れ出した。

村人全員が狂ってしまったが、男一人が違うことを話すので村人は男の方が狂ってると見做すようになった。

男はずっと保管していた水を飲んでいたが孤独に耐えきれず、とうとう村人と同じ水を飲んだ。

男は狂ったが村人たちは彼を奇跡的に正常に戻った狂人と喜んで迎え入れた。

最新の調査によりますと、世界の総人口の84%、58億人が宗教を信仰しているそうです。
科学を理解していれば、神、宗教、霊、あの世、天国、生まれ変わり、輪廻転生・・全てバカバカしいフィクションだと解ります。

それでもほとんどの人は無いものを信じてしまうのです。
そんな中で正論を吐き続けると迫害されてしまいます。
だから敢えてバカの振りをして日常生活を送るのが真の賢者と言えるのです。

ここまで挙げてきたエピソードの多くは下記書籍から引用させて頂きました。